近藤鈴子茶道教室
メニューへ
近藤鈴子茶道教室
12月の稽古道具
                                       毎月30日更新




花 猩々草 白南天
花入 ベネチア硝子

12月講座ご案内

テーマ・冬めく (副題・聖誕祭)
後半・ 歴女講演 Ⅳ
R1. 12. 8


←寄付床 蕪 画賛 無事
  筆 前大徳 福聚院 佐藤朴堂 和尚
      画 仲 有里子

カレンダーも残り1枚となり
12月の予定を作成となると
何やら慌ただしい思いが致します

講座の皆さんも年末になると忙しい
のではと上旬を予定しましたが
年間予定のテーマを替えて
副題がXmasとなりましたのでその分
慌しさも益々増して来る心地も
致します

始めは嫌がっていた皆さんも
当番となるともの凄い勉強振りで
時には当方も知らなかったことを
調べて来たり夫々に楽しませて
下さいます

当方もボヤボヤしていられない
様な状況です

歴女のクイズ形式のお話しも皆さんで
感心したり楽しんだりと
結構人気講座となりました

香合 緑交趾 イタリヤ 見立

        茶杓 銘 和気あいあい →

           前大徳 芳徳禅寺
              橋本紹尚 和尚

金鈴蒔絵 輪島塗
    中島弘一 作



茶碗 ジングルベル
     沖野和光 造


        
1週目
2週目
3週目
師走
討入
聖夜

  
  床 看々臘月尽  
   筆 前大徳 雲澤寺
       足立泰道 和尚
  
 
床 無事是貴人    
   筆 当代 閑雪宗匠

   (ただ一人和尚の
    留守を煤払い)

 煤払い 画賛 俳句
 筆 遊画人 野林六庵
只独里 和尚能
       留寿越 煤佛ひ
 

  
花 椿・加賀小絞 白山吹の実
花  吹抜 置 浸竹 遅馬手
         藤村庸軒好写
  花 椿・白侘助 綿の実
  花入 萩白濁釉 耳付
   煌雪窯 清水啓功 造
  
  
  花  胡蝶蘭 柾の実
  花入 ベネチア硝子
          イタリア製

  
  香合 都鳥 膳所焼
   陽炎園 岩崎新定 造
     香合 交趾 駅鈴
       和田桐山 造
  
  
   香合 青地金襴手
          タイ見立

棚 四方棚 表 而妙斎好写
風炉先屏風 守鈴の絵
         野林六庵 筆
水差 菱馬写 景雲 造
薄器 輪島塗 水仙蒔絵 
    雪吹  浜田清鳳 作
茶杓 銘 無事
    前大徳 常閑 和尚
     見返 六ッの華蒔絵
茶入 瀬戸 大海
          定一 造
仕覆 白極緞子
茶杓 銘 知足
     無底庵 玄機 居士

茶入 志戸呂焼
       鈴木良法 造
仕覆 針屋金襴
茶杓 銘 塞翁馬
  紫野 前田昌道 老師
棚  高麗卓
水差 新渡 馬文
茶入 備前 伊勢崎 紳 造
仕覆 薩摩間道
棗  古代写 桐竹蒔絵
         茶平一斎 作
              →
棗  輪島塗 飛翔蒔絵
      蓋見返 雲蒔絵
         中島弘一 作
茶杓 銘 出陣
   紫野 松長剛山 老師

濃茶茶碗 今高麗 大井戸
          三韓窯 造
薄茶主茶碗 萩 筆洗
 替 銅鏡の絵 和光窯 造
  色絵 回転木馬の絵
         押小路窯 造
  色絵 椿の絵
濃茶茶碗 志野 卯の花墻写
           一休窯 造
薄茶主茶碗 伊羅保釉
        富士五湖窯 造
 替 赤 太鼓 大野桂山 造
    風神   宮地英香 造
    色絵 雪笹の絵
濃茶茶碗 鬼萩
     坂 高麗左衛門 造
薄茶主茶碗 楽 青釉
        川崎和楽 造
 替  贈物  橋本美峰 造
     聖夜 水出宗絢 造
  夜空 瑠璃釉 与平 造

建水 黄瀬戸 鉄鉢
     水野健二 造
蓋置 朝日焼 つくね
         松林豊斎 造
    竹 溜塗
建水 曲 内潤塗
         垣内茂平 作
蓋置 萩 つくね 瑞峰 造
   黄交趾 太鼓 祥堂 造
建水 青磁 桐釘彫文
蓋置 高取 一葉 楽山 造
    楽  サンタクロース
            桂楽 造

主菓子 綾取り
      甲府市 松林軒製
  器 朴の葉銘々皿
干菓子 吹き寄せ
      浜松市 近江屋製
  器 一閑貼  箕
菓子 初霜
      浜松市 近江屋製
  器 笠間焼 楕円鉢
干菓子 三笠山 林檎
  器 会津塗 欅朱丸盆
主菓子 スイートポテト
  器 幾何文平鉢 甲州窯
干菓子 動物ビスケット
           霰ゼリー
  器 南鐐 一葉台付盆

1週目の香合、都鳥は後ろを振り返っていますので、今年1年を振り返って
頂こうと思います。どんな1年でしたか

2週目の香合駅鈴は、平安時代官用で旅する者が馬で駅へ到着、
鈴を鳴らして新たなる出発の準備を整えて頂くために所持したものです
令和1年駅も終着となりました。来年も又宜しくりんりん

3週目のテーマ『クリスマス』は門下生や知人の海外旅行の土産を見立てて
稽古道具へのお仲間入りです
斯く言う私は実は海外旅行の経験が未だありません

余り細々と道具の説明をするより御覧になる方の感性にお任せ致しましょう
どんな年でしたか?日本列島北から南まで
次々と追いかけるが如き災難の続出、大変な年でした
来年は良い年になることを願います

今年も 一年間拙いHPを御覧下さり誠に有難う御座いました
                                          <冬野>

        有賀文化教室イベント

        陽春茶事御案内

                   担当 表千家 Cグループ

       日時 R 2年 3月 8日(日) 午前11時30分 寄付
       会費 一般    ¥7000
           会員    ¥6000
       テーマ      水温む

        盛夏茶事御案内

                      担当 表千家 Aグループ

        日時 R 2年 7月 ?日(日) 午前11時30分 寄付
        会費 一般   ¥7000
            会員   ¥6000
        テーマ      ?


         茶道教養講座

            日時 12月  8日(日) 午後 1時 ~       
              前半 テーマ  冬めく (副題・聖誕祭)

        
     後半    講演 千利休と戦国武将 Ⅳ

          日時 R2/1月 12日(日) 午後 12時 ~
           前半 祝膳  会員  ¥ 2000
                    一般  ¥ 5000
           後半 新年 茶道具 干支・子 勅題・望



       会費 一般  ¥3500 見学初回のみ ¥2000
                     気軽に見学をお待ちしています
           会員  ¥18000 (風炉季6か月分)
                  中途入門 ¥3000 X 10月迄
           入会金 ¥2000 ( 入会時のみ )

                   参加自由

          講座終了後 2時30分~、濃茶、薄茶、をどうぞ ¥1000       

     毎回テーマに合わせた茶道具にて、濃茶席・薄茶席 各一席


    ❀ 茶事と茶道教養講座は茶道の盛んな名古屋で学んでいます

         茶道をされていない方でも、「ちこちゃん」程ではありませんが
         日常の何気ない知識が得られます
         80代・90代の年配者もお楽しみ下さって居ります
         どうぞ気軽にご参加を

                (毎月受講者に交代で点前を担当して頂きます)
                興味のある方はご参加をお待ち申し上げます

          場所 笛吹市八代町北2837 有賀文化教室
                   電話番号 055-265-1480

                有賀文化教室 貸し教室 12畳 8畳 (和室)
                           【茶事道具の用意もあります】       
                        【茶道以外にもご利用下さいませ】



         浜松自宅
初秋茶事 御案内

        日時 R2年 9月 ?日(日) 午前11時30分 寄付
        会費  一般   ¥6000
             初参加 ¥5000
        テーマ ?


                        トップページにアドレスがあります
                  E-メール、もしくは有賀文化教室からも申し込めます

                   連絡場所 有賀文化教室
                         電話番号 055‐265‐1480

連絡場所 有賀文化教室
         電話番号 055‐265‐1480