近藤鈴子茶道教室
メニューへ
近藤鈴子茶道教室
8月の稽古道具




花 常夏 朝鮮嫁菜
 百日草 矢車仙翁
     麒麟草
花入 鵜籠

8月教養講座御案内

R3. 8. 29
茶席 テーマ・川遊び (副題・夏の思出)
  後半 類別 茶杓 Ⅰ秋・冬

        茶器 団扇蒔絵
        山中塗 後藤穰太郎 作


寄付 床 風鈴 画賛 涼風
   筆  前大徳 極楽禅寺
          西垣大道 和尚

梅雨明の知らせで夏が来たぞーと
ピ-カンの空を見上げた途端に大きな
雨粒が落ちて来たり、素覚ましい音の
雷様の当来、その様な中での
オリンピック、コロナに熱中症
何が何やら訳の解らないことを
他人事の様に思っていました

テレビの中のコロナの数字に
文句を言っていましたが最早遠い所の
出来事の様ではなくなってきました

当方、indoor派、閉じ籠ってPSに
かじり付きキイを叩いています

お出かけはマイカーですが
月に一二回の電車はエスカレーター
階段の手すりに触らない様
気を付けていますが、年柄ウッカリ触って
しまうこともありますので、綿手袋を嵌めたり
小さな消毒液を持参しています

茶道稽古もコロナ対策を工夫しながら
何とか続けています

 香合 南瓜 乾漆
        山中塗 畦地粒俵 作
       


茶碗 平  京焼
      常夏の花


茶杓 銘 涼一味
 前大徳 福聚院
  佐藤朴堂 和尚

 1週目  2週目  3週目
 土用  残暑  新涼

   
  床 瀧
  筆 前大徳 宗鏡寺
      雪尾要道 和尚  
     床 無寒暑
     筆 前大徳 蔵雲寺
      矢野宗深 和尚
   

 床 白雲自去来
      青山元不動
 筆  在家 無底庵
    深沢玄機 居士

  花  鉄仙 七変化
  花入 竹 吊舟
   花入 桔梗口
    花  白花槿
      姫檜扇水仙
  花  松明草 大反魂草
    紫紺野牡丹 矢車草
          白花鋸草
  花入 方円籠

  香合 タイ見立
     象摘み貝象嵌
  イギリス見立 銀蓋物

香合 山中塗 帽子
        金銀切箔散
   香合 山中塗 溜
    
扇面銀蒔絵 
         中村宗悦 作

-冷水点て-
  水差 イギリス製
    パンチボール 簾蓋添
  敷板 木地雪輪
  結界 花結界
  点茶盤 新立礼卓
  風炉 砂張朝鮮風炉
        福島宗秀 造
  釜 浜松地文真形釜
        般若勘渓 造
  水差 煙草の葉文
         越南 製
  風炉先 杉木地
          白波文透
     八代 一元斎好写
  棚  蛤棚 官休庵好写
  水差 義山 末広形
        南 元日古 造

  棗 義山渦に蜻蛉の絵
       水崎長寿 造
  茶杓 義山 目高の絵
       濱地雄二 造
      義山 琥珀
       瀧澤明博 造
  茶杓 溜塗 波蒔絵
  棗 団扇蒔絵
   山中塗 呉藤穰太郎 作
  茶杓 銘 岩清水
           笹の葉形
      紫野 瑞峯院
       前田昌道 老師
   銘 瀧 紫野 黄梅院
        小林太玄 老師

茶入 義山 夜空肩衝
        寺田光晴 造
  仕覆 唐花紋紗
  茶杓 銘 和の心
     紫野 三玄院
       藤井誡堂 老師

-硝子茶碗-
  波頭 水崎長寿 造
  江戸切子 鉄仙の絵
  手吹 萩の絵
  楽形 清泉 三作品共
       東 太武朗 造
  沓形 網目文
  主茶碗 萩 刷毛目
     煌雪窯
       清水啓功 造
   替 鈴虫の絵
       押小路窯 造
     波の絵 仁清写
     団扇の絵
     夕顔の絵
  濃主茶碗 今高麗 粉引
         奇泉窯 造
  薄主茶碗 今高麗 青磁
          雲鶴象嵌
   替 黒仁清釉 花火の絵
          田中香泉 造
   伊羅保釉 黄の瀬窯 造
         常夏の絵

  建水 切子硝子 菊割
  茶巾台
    能穴焼 近藤手遊び
    織部 竹の節蓋置
    硝子 見立て
  建水 白磁 青海波文
    平戸焼 横石嘉助 造
  蓋置 舵
    井筒 朝顔の絵
   共に 高野昭阿弥 造
   建水 義山 ガレ風
   蓋置 染付 柘榴の絵
       黄交趾 渦文
         加賀瑞山 造

 主菓子 水羊羹
   器 硝子喰籠 荒磯文
       高橋直樹 造
 干菓子 撫子 青楓
   器 団扇 銀地朝顔の絵
  主菓子 水饅頭
   器 切子硝子高杯
  干菓子 流水文種合せ
              朝顔
   器 竹六つ目編籠
  主菓子 水面
   器 青硝子切箔散
  干菓子 団扇
       朝顔の花 葉
   器 千筋竹楕円盆

タイ土産に頂戴致しました小さな蓋物は立礼席の香合に見立てて見ました

冷水点ての水差は40余年も前、山梨県芦川村の山村の女子青年団に
着付の指導に参りました折、皆さんから記念の品として頂戴したものです

冷水点ての茶巾台は食器戸棚の硝子猪口とおつまみ皿を
ボンドでチョコッとくっ付けちゃいました「フフフ・・・」

その後茶会用茶巾台は、志戸呂焼作家鈴木青宵氏の紹介で
硝子作家に希望の形で作成して頂きました
その他硝子製品を何点か作成して頂いております

切子の建水はサラダボールを転用、いかにも菊割建水に見えませんか?
「イイエー、サラダなんか盛ってませーン」
<残暑>

        有賀文化教室イベント

 🌷�残念ながらコロナの為茶事は暫く中止させて頂きます

          茶事御案内

                      担当 ○○千家 △グループ

       日時 R  年  月 日(日) 午前11時30分 寄付
       会費 一般   ¥7000
           会員   ¥6000
        テーマ             



         茶道教養講座

  🌷 上記の通り茶事は暫く中止と致します


  
         日時 R3/ 8月 29日(日) 午後 1時 ~
           前半 テーマ  (副題・夏の思い出)
                         担当  mitiko・O
           後半  類別 
茶杓
 Ⅰ 秋・冬 

             日時 R3/9月 26日(日)  午後 1時 ~
             前半 テーマ 重陽 (副題・名月
) 
                              担当 Keiko・W
      
      後半   類別 茶杓 Ⅱ
 秋・冬・平棗



       会費 一般  ¥3500 見学初回のみ ¥2000
                     気軽に見学をお待ちしています
           会員  ¥18000 (炉季6か月分)
                  中途入門 ¥3000 X 10月迄
           入会金 ¥2000 ( 入会時のみ )

                   参加自由

          講座終了後 2時30分~、濃茶、薄茶、をどうぞ ¥1000       

     毎回テーマに合わせた茶道具にて、濃茶席・薄茶席 各一席


    ❀ 茶事と茶道教養講座は茶道の盛んな名古屋で学んでいます

         茶道をされていない方でも、「チコちゃん」程ではありませんが
         日常の何気ない知識が得られます
         80代・90代の年配者もお楽しみ下さって居ります
         どうぞ気軽にご参加を

                (毎月受講者に交代で点前を担当して頂きます)
                興味のある方はご参加をお待ち申し上げます

          場所 笛吹市八代町北2837 有賀文化教室
                   電話番号 055-265-1480

                有賀文化教室 貸し教室 12畳 8畳 (和室)
                           【茶事道具の用意もあります】       
                        【茶道以外にもご利用下さいませ】



      茶事はコロナの為中止です


        日時 R 年  月  日(日) 午前11時30分 寄付
        会費  一般   ¥6000
             初参加 ¥5000
        テーマ 花の宴

                        トップページにアドレスがあります
                  E-メール、もしくは有賀文化教室からも申し込めます

                   連絡場所 有賀文化教室
                         電話番号 055‐265‐1480

連絡場所 有賀文化教室
         電話番号 055‐265‐1480
 
ページの先頭へ