近藤鈴子茶道教室
メニューへ
近藤鈴子茶道教室

   4月茶道教養講座(31. 4.21)
前半 すだれ花
        後半 風炉先屏風 Ⅳ 結界


                           教養講座毎月10日更新


床 和歌 散し書
青ざれば
すだれ花咲く県見に
思い懸けにや
   君来まさむと

筆 国学者 賀茂真淵


炭斗 油竹菜籠
羽箒 青鷺


香合 二重蔓唐花文
 九谷焼 中田錦玉 造
花  牡丹 山空木
花入 青磁 中蕪形
      蔵珍窯 造


濃茶主茶碗 黒
  長次郎写 大黒
   佐々木昭楽 造
茶入 膳所肩衝
 陽炎園 岩崎新定 造
仕覆 緑地高木間道



濃茶杓 銘 塞翁馬
 紫野 瑞峰院 
  前田昌道 老師

   ―点前座―
釜 霰遠山文透木窯
     菊池政光 造
炉縁 山中掻合塗
    面青海波蒔絵
風炉先 塗縁
   鳥の子紙 片落
棚 青漆爪紅 四方棚
   表12代惺斎好写
水差 織部沓形繋七宝
 瀬戸焼 加藤作助 造


濃建水 毛織 富士山
 高岡 金谷宗林 造
蓋置 唐銅 色紙重形
 利休百種 一番

 ←
薄茶杓 銘 せせらぎ
 東福寺派 妙喜庵
   竹田士延 和尚
主菓子 薯蕷藤印
 浜松市 梅月 製
 器 益子焼辰砂釉 
        大平鉢



薄主茶碗 賎機焼
      賎機山 造
 藤花 清閑寺窯
     杉田祥平 造

薄器 京塗 唐松蒔絵
     鈴木光入
 作



建水 黄瀬戸 城窯
     柴田増三 造
蓋置 青交趾 水玉透
     加賀瑞山 造





干菓子 藤花・型押
       水寒氷
 碧南市 小松家 製
  器 輪島塗
      青貝象嵌
   青紅葉 四方盆

賀茂真淵は浜松出身の国学者です。10年程前名古屋の古美術店の方がお持ちになられて勧められましたが古いものを所持しても合わせるものが無いからとお断りしたのですが浜松に関るものとして所持する様勧められて購入してしまいました。7年前山梨教室の40周年を致しました。茶道具勉強会の主催者にお願いして師の桑山先生に一席お持ち頂けないかと厚かましいお願いをして快諾頂き、4月初めの青葉の始まりに合せ教室の講座の受講生達に薄茶席をお願いしてこの軸を掛けました。県外へ嫁いだ生徒や桑山先生門弟のお仲間は名古屋から、他あちらこちらから思いもかけない方々が桃花を眺めに田舎見物に来て下さいました。すだれ花とは藤花の事ですが当日にぴったりの床となりました。3年毎に講座でも使用今回は3回目です。庭の椿はついに無くなり実家の牡丹も全開、知人の家から戴いた牡丹少し早すぎ、てっぺんの蕾は堅いまま、浜松に持ち帰ったら綺麗に咲きました。


 替 若葉 楽 川崎和楽 造
 終 六瓢    加藤隆山 造
数① 柳 葵窯 加藤春二 造
  ② 茶畑   加藤永山 造  
数③ 青磁唐子遊 古青 造
  ④ 老松 銀彩 宮地英香
  ⑤ 唐津焼   長春窯 造
  ⑥ 山吹 熊川形 京焼

数⑦ 牡丹 八雲塗
  ⑧ 萩 雪華文 
        田原藤兵衛 造
  ⑨ 牡丹文 影青 長英安 造
  ⑩ 花三島  浅見よし三 造

テーマ「すだれ花」に合せるのは中々難しいことでしたので、数茶碗は、すだれ花の季節に合せて取り合わせました

― 風 炉 先 屏 風 ・ Ⅳ (結 界) ―

 風 炉 先 屏 風 ・ 結 界

      ①
結界 杉木地
 台目棚  表千家
    即中斎好写


      ②
      ③


結界 槐(えんじゅ)木地
       台座 
結界 雪花透文 焼桐
    江渡千家好

結界 根竹

      ④

①、台目棚と云いますが、一畳の畳を3/4にするための棚ですから結界なのではと思います
その他、棚の板を外して炉の左側に置くと八炉の内の隅炉の部屋が、教室の右側に切ってある炉畳の左横に置くと向切の部屋になります。便利な棚です。此処から台目席、此処は隅炉
此処は向切と、結界の様な役目をしますので結界の仲間に入れました。
②、③、⑤、は動かす時に足が外れますので、少々面倒臭いですが②は、板を填め込んでいますので片手で扱えます。
③、流儀の好です。板が痩せてしまっての為か足が嵌められていますが持ち上げるとパタンと
外れて仕舞いますので一々厄介です。
④、
左右の足が棕櫚縄で括られていますが、余り出来栄えが良くないのか時を経たからなのか、受足ががくがくしますので 、遂使用する気になりません。 

 風 炉 先 屏 風 ・ 結 界

         ⑤
  
  結界 花結界
         杉木地と竹
  結界 雪月花紋裂廻
  鳥の子紙 足付
  
         ⑥
         ⑦
  
   結界 コルク版

⑤、竹に水を入れて花も入れられるそうですが、水をいれたことはありません。やはり持ち上げると足は外れます。盛夏に冷水点てをする時に使用しています。涼し気は演出されます
⑥、
一番初めに求めた結界です。足は箱に収納時はクルリと廻し上と同じようになります。
カッチリと仕上がっていますので気楽さに欠けます。炉季仕様ですが、炉季には余り省略点てを致しませんので、出番は余りありません。いつも感じることですが古い道具はしっかり作ってあるなあとしみじみ思います。職人が段々いなくなり真似事の物が多くなりました。
⑦、100均ショップで販売しているコルクボードを4枚購入蝶番で4つ折りに作ります。四季に合う様な模様の紙を貼って幾つか作成。NHK文化センターの風炉先屏風に使用しています。結界使用の時は両側を居り少し内側に曲げますと倒れずに立っています。

有賀文化教室イベント


        初秋茶事御案内

                   担当 表千家 Bグループ

     日時 31年 9月 8日(日) 午前11時30分 寄付
      会費 一般   ¥7000
          会員   ¥6000
      テーマ      名月

        陽春茶事御案内

                   担当 表千家 Cグループ

     日時 2年 3月8日(日) 午前11時30分 寄付
     会費 一般    ¥7000
         会員    ¥6000
     テーマ      水温む


         茶道教養講座

          日時5月12日(日) 午後 1時 ~
             前半 テーマ 初風炉
             後半 類別    棚 Ⅰ

          日時6月 9日(日) 午後 1時 ~
             前半 テーマ 若鮎
             後半 類別    棚 Ⅱ

       会費 一般  ¥3500 見学初回のみ ¥2000
                     気軽に見学をお待ちしています
           会員 ¥18000 (炉季6か月分)
                  中途入門 ¥3000 X 4月迄
           入会金 ¥2000 ( 入会時のみ )

                   参加自由

          講座終了後 2時30分~、濃茶、薄茶、をどうぞ ¥1000       

     毎回テーマに合わせた茶道具にて、濃茶席・薄茶席 各一席

                (毎月受講者に交代で点前を担当して頂きます)
                興味のある方はご参加をお待ち申し上げます

   茶事と茶道教養講座は茶道の盛んな名古屋で学んでいます

          場所 笛吹市八代町北2837 有賀文化教室
                   電話番号 055-265-1480

                有賀文化教室 貸し教室 12畳 8畳 (和室)
                           【茶事道具の用意もあります】       
                        【茶道以外にもご利用下さいませ】


       浜松自宅 盛夏茶事 御案内

     日時 1年 7月 7日(日) 午前11時30分 寄付
     会費  一般   ¥6000
          初参加 ¥5000
     テーマ 七夕


           浜松自宅 初冬茶事 御案内

     日時 1年11月 24日(日) 午前11時30分 寄付
     会費  一般   ¥6000       
          初参加 ¥5000
     テーマ 豊年
                        トップページにアドレスがあります
                  E-メール、もしくは有賀文化教室からも申し込めます

                   連絡場所 有賀文化教室
                         電話番号 055‐265‐1480


連絡場所 有賀文化教室
         電話番号 055‐265‐1480


         
ページの先頭へ