近藤鈴子茶道教室
メニューへ
稽古道具類別7-⑦

水差 色絵Ⅲ-木製・金製 

類別頁は水差の7回目です

手持ちの水差の点数を8回に仕分け7回目です
6回目の続きの色絵、他が加わり、続けて木製、金製となります

木の水差しと首を傾げる方も居られると思いますが
上記通り、木も、金属もあります

茶道人口も段々に減少して、目下はこの沢山の
茶道具を講座と云う形で皆さんに勉強して頂いて居りますが
齢も重ね、茶道具さん達はどうなるやらと
今は何とか受講生に協力を仰ぎながら継続しております

                         稽古道具類別随時20日更新

色 絵 - その他 

        ①    
水差 色絵 四つ揃 
  手毬の絵 矢筈口 共蓋
  水差 夏菊の絵 見立
     矢筈口 共蓋あり
  
        ②
         ③
  
  水差 籠目地
    白詰草の絵 見立 
     矢筈口 替蓋アリ    

①は、初釜の台子の稽古をして頂くため求めた、初めての四つ揃いです。この模様でしたら
茶碗から杓立まで全部揃いますよと仰って下さいましたので取りあえず求めました。教室を始めた頃は、初釜は師匠の物をお借りして、師匠の初釜と日にちを変えて催していました。少しずつ揃えて数年を掛けて何にもお借りせずに出来る様になりました。
②は、40数年程前、門弟が結婚で止める時にティーポットとカップのセットで頂いたものです早速に塗蓋を求めて水差にしてしまいました。桑小卓の様な華奢な棚には丁度相応しい大きさです。 随分お世話になりましたが、近頃は休眠しています
③も、上記同様生徒から申し受けたクッキージャーです。以前は立礼卓のお稽古に使用したものですが、近頃では全く出番もなく棚の隅の箱の中で休眠しています

陶 器 - 木 製 - 木地 ・ 塗

      ④
水差 無釉 平
 一重口 添蓋
  三新窯 
   和久田勝巳 造
水差 釣瓶 欅木地

      ⑤
      ⑥

水差 釣瓶 杉木地   
水差 釣瓶 飛騨春慶
 成田家直流工人 作

      ⑦

④は、夏茶事をする折夫の友人和久田勝己氏にお願いして、小間で使用しました。暑気は
無釉水差に水を張って使用すると部屋が涼しくなると聞き、お造り頂きました。
⑤は、武野紹鷗が井戸から汲み上げた儘の水を水屋に置くために木地で好んだのが最初だと言います。その内水差し代りに使用する様になり、利休好は檜の柾目を用いたそうです。
⑤は当方が始めに求めた釣瓶水差しですが、水漏れで写真の様になりました。修理はして戴いてありますが、山梨教室で稽古用に使用しています。
⑥は、盛夏の茶事では小間の濃茶は殆ど木地の釣瓶水差しを使用していますが、先に求めた⑤が写真の様になりましたので、致し方なく茶会用に求めました。
⑦は、春慶塗の釣瓶水差しです。塗は小間では使用出来ません。木地の水差でお稽古を致しますと水漏れで畳を濡らしたりしますが、塗の場合は水漏れもしませんので広間のお稽古で使用しています。

木 製 - 金 製

        ⑧

水差 手桶 朱塗 割蓋
     鈴木表完 作
     木村表恵 作
水差 曲 春慶塗 
         共蓋

      ⑨
      ⑩

水差 曲  木地
         共蓋 
水差 砂張 
    捻子梅形 平
     福島宗秀 造

      ⑪ 

⑧は、朱塗手桶です。流儀の初釜水差しです。浜松教室と山梨教室に各1点ずつです。
遠の昔は生徒も沢山で、山梨教室の初釜も生徒預けでやっていましたが、近頃は初釜を流儀のやり方では致しません。と云うのも注連縄やゆずり葉、裏白等を購入しなければなりません。手に入れ易い物ならいいのですが、出店で暮の内に求めて置かなければなりません。両教室の初釜まで持たせることは出来ませんので竹台子は辞めにして、紹鴎棚と及台子を交互に使用して楽しく華やかに初釜を催しています。
⑨は、曲水差 です。塗は広間、木地は小間使用です。相伝物使用です。流儀の茶道は生徒にとっても何の役にも立たない様に思えますので、相伝など声を掛ける気も致しません。
⑩は、⑨共に長の休眠をしています。
⑪は、紹鴎棚にはこの水差しと決まっていると言うので、棚を求めた際、棚より可成り高いこの水差しを求めました。近年一年置きで使用しますので、真っ良っかと使用しています

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

次回8回目で昨年10月から始めた水差しが
終了致します

次は茶入を予定しております
仕覆がありますので、裂地の勉強も出来ます


有賀文化教室イベント


        初秋茶事御案内

                   担当 表千家 Bグループ

     日時 R 1年 9月 8日(日) 午前11時30分 寄付
      会費 一般   ¥7000
          会員   ¥6000
      テーマ      名月

         陽春茶事御案内

                   担当 表千家 Aグループ

     日時 R 2年 3月 8日(日) 午前11時30分 寄付
     会費 一般    ¥7000
         会員    ¥6000
     テーマ      水温む



         茶道教養講座

          日時 7月28日(日) 午後 1時 ~
             前半 テーマ   大暑

             後半 類別    棚 Ⅲ

          日時 8月25日(日) 午後 1時 ~       
             前半 テーマ  秋隣

             後半 類別    棚 Ⅳ

       会費 一般  ¥3500 見学初回のみ ¥2000
                     気軽に見学をお待ちしています
           会員 ¥18000 (炉季6か月分)
                  中途入門 ¥3000 X 4月迄
           入会金 ¥2000 ( 入会時のみ )

                   参加自由

          講座終了後 2時30分~、濃茶、薄茶、をどうぞ ¥1000       

     毎回テーマに合わせた茶道具にて、濃茶席・薄茶席 各一席

    ❀ 茶事と茶道教養講座は茶道の盛んな名古屋で学んでいます

         茶道をされていない方でも、「ちこちゃん」程ではありませんが
         日常の何気ない知識が得られます
         年配者もお楽しみ下さって居ります。どうぞ気軽にご参加を

                (毎月受講者に交代で点前を担当して頂きます)
                興味のある方はご参加をお待ち申し上げます

          場所 笛吹市八代町北2837 有賀文化教室
                   電話番号 055-265-1480

                有賀文化教室 貸し教室 12畳 8畳 (和室)
                           【茶事道具の用意もあります】       
                        【茶道以外にもご利用下さいませ】


       浜松自宅 盛夏茶事 御案内

     日時 31年 7月 7日(日) 午前11時30分 寄付
     会費  一般   ¥6000
          初参加 ¥5000
     テーマ 七夕

           浜松自宅 初冬茶事 御案内

     日時 31年11月 24日(日) 午前11時30分 寄付
     会費  一般  ¥6000       
          初参加 ¥5000
     テーマ 豊年
                        トップページにアドレスがあります
                  E-メール、もしくは有賀文化教室からも申し込めます

                   連絡場所 有賀文化教室
                         電話番号 055‐265‐1480

連絡場所 有賀文化教室
         電話番号 055‐265‐1480



ページの先頭へ